キクノール・キトサンの事例・お客様の声<農家さん向け>

抑制トマトへの使い方

キクノールをご愛用の農家さんに聞く

『抑制トマトへの使い方』

 

抑制トマトの定植準備

 

苗が届いたらすぐにキクノール300倍希釈液をポットにたっぷりと潅水。

 

葉の上からよりも根張り重視のため、ポットの土を中心で。
育苗期間の水やりでも、2~3回に1回はキクノール希釈液での水やりをしている。
根張りが良く、しっかりと根鉢が回っていて地上部は
じっくりとした間伸びしてない苗作りには欠かせない。

 

 

 定 植 

 

定植時には、苗を早く活着させるため
キクノール150倍液をたっぷりと植穴潅水。

 

他の人に比べて、活着は早いと思う。

 

 

 栽 培 中 

 

低農薬栽培でやっているため、農薬使用量は慣行栽培に比べて5割位は減らしている。
病害虫を出してからでは、対応が大変になるから予防になるように3日に1回位は何か散布している。
2回に1回はキクノールの混用もしている。

 

 

 使ってみての感想 

 

*栽培も安定してきたのは大事な事だけど、キクノールやキトサン液を使うよ うになったらトマトを買ってくれるお客さんから「味にコクがある」「風味が良い」という評判が貰える様 になった。中高年の男性が、毎週まとめ買いして いく人が増えた。

*土壌消毒は太陽熱消毒を行っているが、作業に追われて累積温度ギリギリで心配を残したまま、定植することも多い。
もし累積が足りなければ「キクノール」での土壌改良も視野に入れている。

*希釈倍率は「濃い方が効きそうな感じがして、若干濃い目に使っている」「キクノールなら 少し位濃くても薬害の心配が少なく使える」

 

 

キクノールとキトサン液をご利用のお客様の感想 【トマト編】~続編~

「40数年トマトを作ってきて、今年が一番良い!」

 

H28~29年作の〈かいよう病〉から立ち直ったというN様のトマトづくり、今作の状況は…?

 

「キクノールとキトサン液をご利用のお客様の感想 【トマト編】~前編~」はこちら

 

 

●H30年12月13日お電話にて第一報

 

おかげで状態が大変良い。

今4段目を収穫している。

これから水もくれていくが、カルシウムを入れてもよいか?→OKです。

キクノール・キトサン液を500倍で週1回流している。

いろいろな資材を使ってきたが、今年はキクノール・キトサン液メインでやっている。こっちの方が良いようだ。

私は、糖度重視で高糖度トマトを目指している。

昨年までと全く違う。虫、コナジラミが1匹もいない。気にならない。

灰カビ、軟腐病も1本もない

苗からキクノールとキトサン液やっている。正直なところ、40数年トマト作ってきて、今年が一番良い!

 

 

●H31年3月11日 第二報告 ~東日本大震災から8年~

 

ここ1カ月はキクノール・キトサン液を5リットル/反ずつ流している。

灰カビ、コナジラミがほとんどいない。

昨年は消毒やってもやっても減らなかったが、今年は3つくらい。

10月10日に定植して、7それから500倍で葉面散布。

病気という病気がない。毎年出る褐色根腐れ病は何本か出たけど、広がってない。

今作では3月に入って薬を1回もかけてない!

「ほかの人はどうなのかな?と思って・・・」とおっしゃるので、同じ茨城県内の苺農家さん(半信半疑ながら使い始めて2作目)の事例を紹介。

 

苺では大ベテランのMさんは「スゴイ!なんと表現して良いか分からない。灌水で週2回流してるだけなのに、ダニが一匹もいない。いつもは何度消毒してもダニ、うどん粉病は必ず残るんだが、今年は違う。まだ今年になって1回も消毒していない。

 

ちょっと前にうどん粉が少し出たので300倍をさっとかけたら消えてしまった。」(2月中旬頃の話)

(Nさん)うんうん♬という感じ。

 

このところ悪天候続きなのに、私の圃場では今年は灰カビがゼロで今までになく良い状態を維持している。次の作では、根腐れ対策に9月水打って湿ってる時に30倍っていうのを検討する。

 

500坪に20リットル5本くらいでしょ?→安いもんだヨ!とのこと。

次の作への期待もふくらみます。

 

「キクノールとキトサン液をご利用のお客様の感想 【トマト編】~前編~」 も併せてご覧下さい。

 

植えてある作物が泥に浸かってしまった等のときにはお手持ちのキクノールやキトサンで急ぎ対処してみて下さい

19号台風の被害に遭われたみなさまには心よりお見舞い申しげます。

 

とりわけ、今、植えてある農作物が泥につかってしまって

少しでも何とかしたいという一心ではないかと思います。

 

お手元にキクノール・キトサンがありましたら、

下記のような方法で一日も早く立ち直らせてあげて下さい。

木酢液「木紅木キクノール」「キトサン液」をご使用の
農家さんは、このような方法で突然の災害等に対処しています。

 

◎定植したばかりの苺が泥水につかってしまった...という時
◎収穫中の夏野菜が強い風で傷んでしまった...という時

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

早めに500倍の水で丁寧に洗い流した後、

1~2日以内に300 倍の水で葉面散布。


特に、傷みがひどい株や根ぐされを起こしているような場合は、

200 倍液を追いかけて散布する。


根ぐされから立ち直らせたい場合は、

必ず土に100 倍~ 200 倍液(2ℓ/㎡)を3~5日くらいあけて、

数回繰り返して、新しい根っこの出を良くして下さい。


★キクノールとキトサン液を一緒に使うと相乗効果があります。

 

◎病気予防の消毒をする場合...

    ↓↓↓↓↓↓↓↓

 

薬剤を希釈する水を500 倍になるように先に作ってから、

薬を混ぜて下さい。


この時、木酢液「キクノール」を500 倍くらいに水で薄めると、

その水の分子集団(クラスター)が3 分の1 まで小さくなることが

分かっており、薬剤が小さな水の中に含まれることで、

細胞膜に良く浸透し、薬の効きが良くなるので、

薬剤の量は慣行比2 分の1(半分)でも充分な効果を発揮してくれます。
これで、1 回の消毒の際の農薬が半減できたことになります。


木紅木のキクノールやキトサンは散布の際にマスク、メガネや手袋もカッパも必要ありませんので、作業が大変楽になります。

木酢液は浸透力があるのと、また、「付着したらとれない」という

性質がありますので、展着剤も不要となります。
木酢液キクノールは原液でのPH が2.2 ~ 2.8 と強酸性ですので、

使用する目的によって濃く使うと殺菌力があり、

薄く使うと植物活性に役立ちます。


また、植物の生育が健全に推移することで、

薬剤の使用回数が大幅に削除できることは、
作る人も食べる人も大変喜ばしいことではないでしょうか?

無花果を育てていらっしゃる小出農園さん

千葉県市原市にて新規就農し、無花果を育てている小出農園さん。

 

 

もともとご趣味のガーデニングでキクノールなどお使い頂いており、

とてもとても熱心に丁寧に無花果を育てていらっしゃいます。

 

 

5月31日のこの日は、無花果植え付け後の根の活着を良くするために、

キクノール500倍液を液肥とともにたっぷりと散布。

 

 

その後の経過や無花果の元気な様子と、小出さんの無花果への

愛情たっぷりのインスタ、ぜひご覧になってみて下さい。

 

 

View this post on Instagram

木酢(キクノール)と液肥を苗木に与えました。 ・ キクノール500倍 植え付け後の活着を良くするため ・ 液肥を標準の希釈の倍2000倍 ・ 先日 植え付けした苗木にたっぷり上げました。 ・ おととい雨が降りましたので、地中に浸透しやすいタイミングでで散布できました。 ・ 2週間後にもう一度あげます。 ・ 農薬で無いので、自分にかかっても安心です。 ほのかな木酢の香りがしてリラックス効果❓があります。 ・ #千葉県市原市 #市原市 #新規就農 #農園 #いちじく農園 #こだわり資材 #完熟 #天然水 #完熟いちじく #いちじく #イチジク #無花果 #フルーツ #農業好きと繋がりたい #農業 #農家 #フルーツ農家 #いちじく農家 #いちじく大好き #無花果大好き #果物

A post shared by 小出農園 (@koide2525farm) on

長ねぎにはこう使おう!

 

★通常300 倍前後で水やり代わりに2~3回/ 月のご利用をお勧めしております。
≪ キクノールは、土壌改良材としてご利用下さい ≫

 

 

赤さび病 発生時 (事例より)

 

300倍の希釈のキクノールを
週に1 回間隔で3~4回散布。


赤サビ病が発生してからの土寄せは 遅らせるようにしています。
大きな産地だと、一斉に土寄せを 行っている風景を見ますが、赤サビ の菌も飛び散っています。この時は、 300 倍の希釈のキクノールをかけて おいて、近所の土寄せが一段落して から土寄せをしてます。

 

 

軟腐病 発生時 (土壌への使用例)

 

ネギの地際に100倍希釈のキクノールを
たっぷりと染み込ませています。
週1 回を2~3回行っています。


土からの感染なので、根域の土壌改良の ために、量はたっぷり作ってしっかりと染み込ませるようにします。 連作障害なので「発症したら5年畑を空かせろ」という指導もありますが、次作の定植前の土にキクノール30 倍希釈の2ℓ/ ㎡散布での土壌改良を行い、 改善されたお客様もいらっしゃいます。

 

 

 定植前の苗には

 

200 倍希釈液で30 分程度、どぶ漬けを行いましょう。
これだけで、「赤サビ病が大発生しても家のネギだけは緑色だった」という
お客様もいらっしゃいます。


薬散の時には、300 ~ 500 倍希釈のキクノールを作ってから、
薬剤を投入して下さい。この順序も重要です。